パソコンの安全な廃棄

パソコンを捨てる場合は、シッカリと個人情報を削除してから捨てること。
悪質な人間が、ハードディスクから、たとえばクレジットカードのデータを盗み出して使われるというような事が無いようにする。

仕事で使われていたパソコンであれば、顧客情報などの貴重なデータが取り出せる可能性が高く、狙われている。沢山のパソコンを処分するなら、専門の業者に頼んだほうが良いだろう。

自分でパソコンを廃棄する時には、ハードディスク消去ツールというものを使ってデータを削除してから捨てよう。
普通にWindowsの操作でゴミ箱に入れて空にしただけでは、ダメ。
それから、Windowsのエクスプローラでフォーマットしただけでもダメ。

簡単にいうと、この仕組みはデータの目次を削除しただけであり、内容そのものは残っているから、特殊なデータの復旧ツールを使うと、消したはずのデータが出てきてしまう。

専用のツールは多々あるが、下記のようなものであれば問題ないと思われる。
パソコンを複数持っている人、自作PCを持っている人は、安いので1本買っておいても良いかもしれない。
  

《スポンサー広告》