仕事用パソコンはThinkPadが良い。

会社のパソコンがThimkPadのX240になった。

この数年、仕事用に貸与されるパソコンのメーカーが多岐にわたっており、変わるたびに使い勝手が変わってしまって超大変。

ただ、逆に言うと各社のパソコン評価を楽しめるか(笑)。

1つ前は、DellのパソコンLatitude E6220。

これはバッテリーが重く、ロックが貧弱なため、ちょっとぶつけると、バッテリーがスポッと外れた。

ノートパソコンでバッテリーが突然外れるのは致命的。

スリープ状態が維持されなくなるなるので、セーブしてないデータはきえてしまう。

ただWindows98世代の頃からパソコンを仕事で使っていると、
セーブせずにスリープなんてことは絶対にしない(笑)。

操作の節々でセーブする癖がついているのでデータが消えるということはあまりないが、
開いていたファイルがなくなるので、何を仕掛かっていたかを忘れてしまうことは結構あった。

そこで、パソコンの裏側に透明の梱包テープでバッテリをがっちり止めていた。

CPUやメモリなどのハードウエアスペックや、OSでの差別化は出来ないので、
このようなメカニカルな設計のところで、良し悪しが出てきているのだな、、、と感じた。

それから、ノートのキー配置は使い勝手に直接影響するエッセンス。
そのうちの1つが、左側のCtrとFn.。私は一番左がCtrで慣れていたので、DellはBIOSで逆に変えられて助かった。
ThinkPadは変えられないみたい。

X240で採用されたタッチパッドは、本当に使いにくい。

右クリックや、ドラッグなどが、Dell時代にくらべて、うまく感知されないのでビックリ。

何で、クリックボタンをタッチパッドと1つに統合してしまったの??
と、思っていたら、次のX250では元の設計に戻った。

やっぱり不評だったみたいね(笑)。

それでも、最新のドライバを入れて、ジェスチャーなどの複数タッチの操作を禁止する設定にすれば、
なんとか使えるようになる。

ThinkPadは、昔から仕事用パソコンとしては、お気に入りだったので、
そのイメージを壊さないで欲しいなぁ。

買うならLenovoの直販サイトがおススメ。