アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?⑥

色々な会社の人の話を聞くと、まずアジャイルで苦労するのは、マネジメントへの承認を得ること。

スプリントを行いながら、どこまで作れるかはコミット出来ない。

これでは予算を執行する部門のマネージャーは、プロジェクト開始の判断をするのは難しい。

お金を出す方の気持ちになれば、この気持ちはわかる。

何が完成するかわからないのに、お金は出せません。

ちなみにシステムを作るということは、何か目的があるはず。

そこで、やっぱりだいたいの開発計画を作るはめになる。

この粒度がとても大事。

作る機能、というよりは、実現したい付加価値といった書き方をして定義したほうが良い。

アジャイルしている間に、作るべき機能は形を変えていく可能性がある。

例えば、タイムカードのシステムだとしたら、「出勤・退勤時間の入力機能」という書き方ではなく、
ソフトが出来上がったときに得られる目標の価値として「出退勤を管理できること」といった書き方。

そういった工夫がとても大事。

ちょっと事例が分かりにくいかな。(笑)

BiPh044e.jpg

《スポンサー広告》