書籍紹介『エンジニアのための理論でわかるデザイン入門』

某所にて著者:伊藤博臣氏の講演も聞く機会があり購入。
『エンジニアのための理論でわかるデザイン入門』

確かにデザインには理論がある

システムの画面などは、黄金比とか法則やロジックを知ることで、デザインセンスがなくてもデザイン出来るという内容。

黄金比は、とても分かりやすい考え方。
バランスがよいしっくりくる、を明確に説明してくれる。

デザインするための工数確保が大事

確かにセンスがなくても出来そうだが、これをSEが開発中に片手間ではやるのは厳しい。

まずは、画面デザインという仕事があることを認知することが大事で、その分の工数を取ってあげないといけないことに気付いた。

しっかりGUIを検討する時間を取ってあげることで、使いやすいシステムになると思われる。