Lenovo Mirage Solo with Daydreamを買った②

Mirage Soloは、その名の通り、GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」に対応しているという。

しかし、実際Daydreamという言葉自体は、あまり聞かない(笑)
対応ソフトは、まだまだ少ないという。

買ってみての感想などなど記録する。

Mirage Soloのスペック

OSの記載に、「Daydream 2.0」とあるが、中身はAndroidである。

ハードウェアスペックは、こんな感じ。

CPU:Qualcomm APQ8098(8コア2.45GHz)
メモリ:4GB
ストレージ:64GB
ディスプレイ:5.5型2,560×1,440
視野角:110度
バッテリ:4,000mAh
連続動作時間:3時間
通信:IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0(BLE対応)
その他:USB Type-C、ヘッドホン、microSDカード(最大256GB)

前面の2つのカメラは、ただのセンサー。このインサイドアウト方式のセンサー技術「WorldSense」により「6DoF(6自由度)」に対応。

頭の向き以外に、しゃがんだり、立ったりといったアクションに対応できる。

コントローラは1つ。ツルンとした形状で先端はタッチパッドになっている部分がある。

Mirage Soloのセットアップは簡単

Mirage Soloの早速のセットアップ。

OSがAndroidのせいか、セットアップは、とても簡単。

まず、ヘッドマウントディスプレイをかぶって、ベルトを調節。


やはり重みは有るけど、頭の後ろのネジで締めるとピッタリくる。

次に電源を入れて、初期設定ステップを行う。

電源は右側。

初期設定の流れはこんな感じ。
①言語の選択
②Wi-Fiの接続設定
③Googleアカウント設定
④チュートリアルの開始

セットアップ完了したら、ホーム画面が表示される。

とても奥行きがあり、今まで見たことの無い空間が広がっている。

Mirage Soloのコンテンツ体験

とりあえず、YouTubeの360度のコンテンツを視聴する。

タイトルを良く見てなかったけど、ナショナルジオグラフィックとかの類で、山や川といった風景の映像。

面白い!面白すぎる!!

ゲームは、こんな感じ。

車のゲームは駄目。酔う。笑

しかし、実際に買ってみてわかったが、対応ソフトが本当に少ない。

これは、想像以上に残念、、、。

《スポンサー広告》