開発現場から一覧

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?⑥

色々な会社の人の話を聞くと、まずアジャイルで苦労するのは、マネジメントへの承認を得ること。 スプリントを行いながら、どこまで作れるかは...

記事を読む

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?⑤

オーバーヘッドに掛かる工数は、それだけではない。 ソフトの振る舞いに関しても、同じ機能に何度も修正リクエストが入ることがある。 ...

記事を読む

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?④

アジャイル開発は、確実にオーバーヘッドが掛かる。 これをマネジメントは了承できるかどうか。 例えば、計画化作業。 週の始めのス...

記事を読む

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?③

スクラム開発では、SEメンバーのタスクはバックログに登録されて、確実に毎回のスプリントで推進されることになる。 一回のスプリントは2週...

記事を読む

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?②

アジャイルはスプリントと呼ぶ単位に分けて、設計と実装を繰り返す。 品質にうるさい第三者試験を司る部署の意見もあり、『品質の担保』の考え...

記事を読む

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?①

とうとう社内でもアジャイル開発の取り組みが始まった。 中でも、コミュニケーションに重きをおいたスクラム開発を選択した。 スクラム開発...

記事を読む

仕事用パソコンはThinkPadが良い。

会社のパソコンがThimkPadのX240になった。 この数年、仕事用に貸与されるパソコンのメーカーが多岐にわたっており、変わるたびに...

記事を読む

キレイなソースとは

キレイなソースとは システムエンジニアとしては、たまにゼロから作り直したいと思うことがある。 ソースの解読性が低く、保守やバージョン...

記事を読む

システム開発のプロセスを独自に定義する

システム開発のプロセスは独自に定義するようなことはお勧めしない。 システム開発のプロセスについては、教科書をお手本に採用するのが良い。...

記事を読む

NO IMAGE

再開発プロジェクト(3)

今回のプロジェクトはEVMで進捗を管理することにした。 私は今まで20人くらいのプロジェクトしか運営したことがないが、今回は60人を越...

記事を読む