超絶プロマネの極意一覧

書籍紹介『エンジニアのための理論でわかるデザイン入門』

某所にて著者:伊藤博臣氏の講演も聞く機会があり購入。 『エンジニアのための理論でわかるデザイン入門』 エンジニアのための理論でわかる...

記事を読む

書籍紹介『残業しないチームと残業だらけのチーム』生産性の高いチームビルディング

チームビルディングについての本を読んだので紹介。 「残業しないチームと残業だらけのチーム」 「残業しないチーム」と「残業だらけチーム...

記事を読む

プロジェクトマネージャーの育成

プロジェクトマネージャーの育成を考える。 アジャイルなどの新しいプロセスの考え方が出て来たが、結局(広義としての)プロジェクトの進め方...

記事を読む

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?⑥

色々な会社の人の話を聞くと、まずアジャイルで苦労するのは、マネジメントへの承認を得ること。 スプリントを行いながら、どこまで作れるかは...

記事を読む

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?⑤

オーバーヘッドに掛かる工数は、それだけではない。 ソフトの振る舞いに関しても、同じ機能に何度も修正リクエストが入ることがある。 ...

記事を読む

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?④

アジャイル開発は、確実にオーバーヘッドが掛かる。 これをマネジメントは了承できるかどうか。 例えば、計画化作業。 週の始めのス...

記事を読む

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?③

スクラム開発では、SEメンバーのタスクはバックログに登録されて、確実に毎回のスプリントで推進されることになる。 一回のスプリントは2週...

記事を読む

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?②

アジャイルはスプリントと呼ぶ単位に分けて、設計と実装を繰り返す。 品質にうるさい第三者試験を司る部署の意見もあり、『品質の担保』の考え...

記事を読む

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?①

とうとう社内でもアジャイル開発の取り組みが始まった。 中でも、コミュニケーションに重きをおいたスクラム開発を選択した。 スクラム開発...

記事を読む

プロマネも開発中のソフトを触ってテストすべし。

試験の収束について。 ソフトウエアの試験をどこまでやるべきかという話でPM陣がもめた。 ある程度以上の複雑度を持ったソフトはバグ...

記事を読む