■ システムエンジニアの資格

システムエンジニアの資格には、2種類の資格がある。

情報処理技術者試験

情報処理技術者試験は、経済産業省が行っている国家試験。

IPA(情報処理推進機構)が、毎年、春と秋に行っている。
初級SEとしては、No.2基本情報、No.3応用情報技術者試験を取得し、その後の方向性により、No.4以降の高度技術者試験を取得していく。

No. 試験区分 略号 実施時期
1 ITパスポート試験 IP 随時
2 基本情報技術者試験 FE 春秋
3 応用情報技術者試験 AP 春秋
4 ITストラテジスト試験 ST
5 システムアーキテクト試験 SA
6 プロジェクトマネージャ試験 PM
7 ネットワークスペシャリスト試験 NW
8 データベーススペシャリスト試験 DB
9 エンベデッドシステムスペシャリスト試験 ES
10 情報セキュリティスペシャリスト試験 SC 春秋
11 ITサービスマネージャ試験 SM
12 システム監査技術者試験 AU








企業認定資格

企業認定資格は、マイクロソフトや、オラクルなど、その名の通り、企業が自社の技術普及のために行っている資格。

マイクロソフト認定資格(MCP)

マイクロソフトの認定資格。ソフトウエアのVerに依存するため、賞味期間が短い特性がある。
MCPの紹介ページへ