スマートホームに挑戦

今月のDOS/V PowerReportでも「俺の家2.0」ということで、スマートホームを特集。

いま、自分でもスマートホーム化を進めているので、読みながらまとめてみた。

スマートスピーカー/AIスピーカー

まず、音声で操作できる機能として、スマートスピーカーの導入がベースにある。

これは、TVでCMしているように、Google、Amazon、Line、ソニーなど、多くのメーカーが出している。

今のところ、メジャーは、Google Homeと、Amazon Echoかな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home(グーグル ホーム)
価格:15120円(税込、送料無料) (2018/9/23時点)

楽天で購入

結局、AI部分で、Google Asistanceか、AmazonのAlexaのどちらかという感じか。
それぞれ長所短所あるけど、比較的Google Asistanceのほうが日本ではメジャーか。

あと、スピーカーが良くないとダメだというなら、ソニー製のものとかね。選択肢は沢山ある。

リモコン操作をスマフォや音声で操作(スマート家電コントローラ)

次にやりたいのは、エアコン、照明、テレビの電源操作を専用リモコンから、スマフォや音声で出来るようにする。

これも、沢山のデバイスが出ている。

メジャーでオススメなのは、ラトックシステムズのRS-WFIREX3と、リンクジャパンのeRemoteかな。

どちらもある機能としては、こんな感じ。
・タイマー設定
・センサーで情報取得(温度・湿度・照度 ※eRemoteは温度だけ)
・外出先からの操作
・1回の呼び掛けで、全部On/Offといった操作もできる。

RS-WFIREX3の特徴としては、
On/Off以外に、テレビの音量変更、エアコンの温度調節などもスマートスピーカー経由で操作できるところ。

ただ、ソフトウエアなので改良アップデートされていくと思うが、
RS-WFIREX3は、反応が遅いという話もある。

eRemoteの特徴は、センサーをトリガーにできるので、「26度を超えたら冷房エアコンを入れる」といった設定が可能。また、関連デバイスがいくつか出ているところも興味深い。

日本メーカーは作ってないみたいだが、マウスコンピューターとKDDIで出しているものもある。

スマフォで出来るようにまとめて、さらに発展させると、音声で操作出来るようになる感じ。

要は、GoogleAsistanceやAmazonEchoと連携できるかどうかだ。

家の機器の電源操作なので、ハッキングされても困るし、メジャーなものがお勧めかな。

<追記>
もう一つ日本のクラウドファンディングから生まれた Nature Remoという製品があるのを見つけた。

これの特徴は、GPSを使って、「家に近づいてきたのでエアコンを入れる」とか、「家を出たから全部OFF」といった操作も可能。

ちょっと高いけど、これもなかなか便利そう。

そもそもリモコン操作出来る物を選ぶ

専用リモコンでなく、そもそもスマフォ操作が出来るスマート機器も出て来ている。

例えば、スマートLEDといった電球そのものがIOTかされているものとか。

まだまだ高価であったり数も少ないけど、繋げるだけで楽しくなるはず。

見付けたのは、電球とか、空気清浄機とか。

これからも、新しいIOT機器が出てくると思う。

《スポンサー広告》