システムエンジニアもICレコーダーで自己防衛

システムエンジニアの仕事に限ったことではないが、顧客との間で、言った言わないの揉め事に発展することがある。

これを防止するために、打ち合わせのあとは、決まったことを議事録にして整合しておくのが常識では有るが、録音しておく、ということも1つ手段である。

特に、個人事業主などこちらの立場が弱い場合、訴訟など最悪の事態を想定しておかないといけない。

また、自分が関わるのが新しい分野で、難しいキーワードが沢山出てくる打ち合わせでは、後で調べながら理解することも有り。

そんな時のために、ICレコーダーはとても便利。

この機種はペン型なので、胸のポケットに入れて録音できるし、録音したデータはUSBメモリのように
取り出せる。
また洋服のすれたガサゴソといった音が入らないようなってる。

打ち合わせを録音する事を告知出来れば良いが、秘密で録音しておきたい事もあると思うし、持ち運びも考慮すると、こういった軽くて小さく目立たないものが良いかと思う。

ちなみに、無断で会議を録音する事は犯罪にはならない。録音した情報を悪用すると問題になる。

他の用途として、企業セミナーや講演イベントなどで、録音しておき、後で聞き返す事も有効。

ビジネスショーなど展示を見て歩くときも、1つ1つメモを取らずに、まるでテレビのロケ番組のように言葉でメモしておくという使い方も出来る。

ICレコーダーというツールは、持っていて損の無いツールと思う。

《スポンサー広告》