スマートホームに挑戦(ラトックシステムRS-WFIREX3)

ラトックシステムの学習リモコンRS-WFIREX3を購入。
これは、家中の赤外線リモコンをひとまとめにできるデバイス。また、スマートスピーカーとも接続ができる。

今回は、ひとまず、スマフォで操作出来るようにする。

学習リモコンは、色々なメーカーのものが出てるけど、セキュリティとか考えると、日本メーカーが良いかなと思い、ラトックシステムのRS-WFIREX3にした。

スマートスピーカーと繋げるための制約

ラトックシステムのRS-WFIREX3は、
仕様として、こんな制約がある。

Amazon Alexa対応スピーカー(Amazon Echoなど)
Googleアシスタント対応スピーカー(Google Homeなど)
※Googleアシスタント対応スピーカーで操作できる家電は、テレビ1台、エアコン1台、照明2台までとなります。(2018年3月現在)

このリモコンが届く範囲に、エアコン2台以上、テレビ2台以上ないから、良いかな?。

ま、そもそも実験的なもんだし。

赤外線の仕様

対応できる赤外線リモコンも、こんな仕様がある。

各種赤外線リモコン(SONYフォーマット、NECフォーマット、家電製品協会フォーマット、その他メーカー独自フォーマットなど)
※プリセット(登録済みリモコン)については、プリセット一覧にてご確認ください。※RFリモコンなど赤外線通信以外で制御するリモコンには対応していません。

プリセットということで、登録されている機種なら、赤外線のパターンを覚え込まさなくても、機種を選ぶだけでOKなはず。

テレビはフルハイになってすぐの昔のBRAVIA。
あるかな?? 有った!

エアコンは、三菱電機の霧ヶ峰で昔のもの。あるか? 

有った!
というか、エアコンとかはリモコンの仕様をあまり変えてないようなので、昔の機種でも大丈夫そう。

照明のプリセットも発見。

多くのメーカー学習プリセット済みで便利。さすが、日本メーカー。

リモコンをネットワークに繋げる設定

まず、リモコンに電源を入れてセットアップする。

設定といっても簡単で、無線LANでネットワークに繋げるだけ。
これには、スマフォアプリがいるので、ダウンロードしてネットワーク設定する。

自動的にリモコンを探しにいって、LEDが点灯したらセットアップ完了。

  

操作したいリモコンの設定

この機種は、プリセットが沢山はいって居るので、機器の種類と機種を選ぶだけ。
こんな画面。

テレビを設定したところ。

照明の設定はこんな感じ。

実験:スマート家電になったかな?

それぞれスマフォアプリから電源を入れてみる。

テレビの電源オン!
 

エアコンの電源オン!
 

照明の電源オン!
 

全てオーケー。 動画でないのが残念(笑)。

超簡単設定で、30分くらいでここまで完了した。

インテリジェンスなスマート家電設定

あとは、いろいろな詳細設定が可能。

一回のアクションで、テレビとエアコンと照明の電源を入れる「マクロ設定」が出来る。

時間が来たらエアコンがオフになる、というタイマー設定も可能。

面白くなってきたぞ。スマートホーム!
あとは、GooglHomeが欲しい!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home(グーグル ホーム)
価格:15120円(税込、送料無料) (2018/5/13時点)

《スポンサー広告》